英語の翻訳仕事のニーズとは

はじめに


英語の翻訳は今も昔も変わらず需要が高いものとなっています。特別な資格や学歴もいらずになれることと、国際言語であり世界共通語として使用されているので、イタリア語やスペイン語のような言語に比べると仕事も多く、様々な分野に分かれて存在しているといえます。そのため、特別な資格や学歴は必要ないといっても依頼する企業によってはその辺を重視するところもあるので、高学歴であることや様々な資格を持つことに決して損はないといえます。

英語の翻訳仕事のニーズ


英語の翻訳家の仕事も、フランス語やイタリア語などの翻訳家の仕事と同じくメインは出版社から海外の文庫本を翻訳することになります。しかし、英語の翻訳家は最もベーシックかつポピュラーであるため人数も多く、その仕事を依頼される翻訳家は一握りほどになります。また翻訳家には年齢制限もなく、いくつかの出版社と長年の付き合いなどからフリーで契約している方も多くいるので、翻訳家の人数はあまり減ることがありません。そのためこのような場面で活躍するのは極めて険しい道となりそうです。しかし、この仕事以外にも様々なニーズが存在します。一例ですが、英語は世界の大学や研究機関が行う国際学会の共通言語として使用されています。そのため配布された多くの資料の翻訳などでも依頼されることがあります。理工学などの知識を兼ね備えている人はこのような場面でも仕事があるといえます。さらに海外に進出している企業も最近では多く存在するため、英語で取引する際の契約書や資料などの翻訳という場面でも仕事がありそうです。このような仕事は基本的に翻訳会社を通じて依頼されるため、このような仕事を請けている会社と契約すると様々な分野の仕事が見つかります。英語の翻訳家の給料はどこかの翻訳会社に正社員として勤務する、または出版社と契約して毎月いくらかもらうということでなければ、ほとんどが出来高制となっています。そのため、依頼される仕事の量やこなした仕事の量によっても異なります。

 

まとめ


英語は昔から現代そして未来にわたって世界共通語であると思われます。この言語を翻訳する仕事はたくさん存在し、様々な内容や分野の知識が必要になります。翻訳家になるための特別な資格は必要ないですが、ある程度の学歴や資格などは保有しておくと仕事を依頼されやすくなるといえます。また理工学などの専門的な分野でも使用されるので、このような知識を併せ持っていると様々な分野から翻訳の仕事を依頼されやすくなるかもしれません。