イタリア語の翻訳仕事のニーズとは

はじめに

イタリア語の翻訳は英語などの言語に比べると日本ではあまり需要がないように感じます。というのも日本ではイタリア語を日常的に使うということがほとんどありません。また、イタリアの企業間で契約などのやり取りをする場合でもたいていの場合が英語が用いられます。そのためイタリア語の翻訳は他の言語に比べると需要が少ないのが事実です。しかし、需要が全くないというわけでもなく我々が知るような文庫本などの翻訳以外にも様々な場所で活躍されています。

 

イタリア語の翻訳仕事のニーズ

イタリア語の翻訳の仕事は、出版社の中で勤めることもまれにありますが、主には翻訳業界の会社に勤務して、必要があれば出版社などに派遣されるか出版社などから仕事を依頼され、それを会社で行い、納品するというものになります。仕事内容で有名なものはイタリア語で書かれた本の翻訳ですが、それだけにとどまることはありません。イタリアはパスタやピザのようなイタリア料理が有名であり、そのようなレシピはイタリア語で書かれていることが多いです。もちろん、一般的に本屋で販売されている家庭料理的なレシピ本は出版社を通じて販売されているため、文庫本の場合と対して差がありません。しかし、専門的な内容になるとイタリア語が分かるからと言って翻訳できるということはありません。イタリア語だけでなく料理の知識もないと専門的には訳せないことになります。そのため、どのような内容が書かれたイタリア語を訳すかによってそれぞれの専門的な知識が必要となります。また翻訳の仕事はイタリア語を日本語に直すというものだけではありません。その逆、つまり日本語をイタリア語に翻訳するということもあります。イタリア語には綴りだけでなく発音や雰囲気などによって伝わり方が異なるので特に難しい言語でもあります。双方ができる場合は出版社をはじめ様々な企業や業界で重宝されるといえるでしょう。翻訳の仕事の給料は個人や就労のあり方によって様々ですが、どこかの企業などに勤務している場合はその企業が定めている給料「正社員登録で大体20万~30万」ですが、フリーでされる場合は出来高であり、訳した分だけ給料がもらえるという仕組みになっています。

 

まとめ

イタリア語の日本での使用は他の言語に比べると少ないので、やはり需要が少ないように思えます。確かに、どこかの翻訳会社に登録して翻訳の仕事が来るのを待っているという状態であれば限界があり、それだけで普通の生活ができるかというと少し厳しいかもしれません。しかし、営業範囲を広げれば様々な仕事が見つかります。最近では在宅ワーカーとクライアントを結ぶ「クラウドソーシング」という仕事の探し方も増えています。このような点に目をつければ現在需要の少ないイタリア語の翻訳でも仕事獲得のチャンスを身に着けられるかもしれません。