ドイツ語の翻訳仕事のニーズとは

はじめに

ドイツ語の翻訳家として活躍されている方は、ドイツ語だけでなく他言語との翻訳業を兼ねている人が数多くあります。というのもドイツ語の翻訳の仕事はは英語などのほかの言語に比べて数が少ないとう傾向にあるからです。特に日本語とドイツ語間での翻訳のやり取りは少ないといえます。そのため、英語の翻訳業の掛け持ちや通訳、あるいは英語とドイツ語間での翻訳を合わせて行っている方が多い傾向にあります。そのため、ドイツ語の翻訳業だけで活躍しているという人はほとんどいません。

 

ドイツ語の翻訳仕事のニーズ

ドイツ語翻訳の仕事は多岐にわたって存在します。もちろん、出版社から依頼されるドイツ語で書かれた文庫本の翻訳業もありますが、それ以外にもドイツで生産された商品を日本でも販売するために説明書や資料の翻訳といった仕事も存在します。このような説明書や資料の翻訳は販売する商品独自の専門用語を含んでいるものや、これといった専門用語もなく、翻訳さえできればよいというものもあります。そのため募集している企業によってどのような専門知識が必要か、どのような資格を保有している必要があるかが異なってきます。ほかの仕事としては原文が日本語。中国語、英語の文章をドイツ語に翻訳するという仕事も存在します。原文が日本語以外の文章を翻訳するという仕事も数多くあるので、英語や中国語の翻訳スキルを身に着けておくと仕事の幅が広がります。また日本語のアニメをドイツ語に翻訳する仕事など日本語からドイツ語に翻訳する仕事もあります。それぞれの仕事の雇用体制は派遣が多く、その他に在宅ワーカーやアルバイトなどでも存在します。また翻訳業界の会社に勤務し、ほかの企業から翻訳の依頼があれば派遣されるという勤務形態もあります。給料は基本的に出来高制か報酬制となっており、出来高制は限られた期間内にできた分だけ支払われる精度で1件の依頼につきすべて完成させて5千円から1万円程度です。一方報酬制はあらかじめいくらもらうと決めて期間内に仕事を完遂させる形式となっており、平均的には1件で1万円程度になります。ただし、出来高制と違って期間内に依頼された業務を完遂させることが条件になっています。

 

まとめ

ドイツ語の翻訳業は日本語とドイツ語間の翻訳だけでなく英語とドイツ語間、あるいは中国語とドイツ語間など様々な言語とのやり取りが多くあります。もちろん日本ではドイツ語、日本語間でのやりとりが多いですが、様々な言語からドイツ語への翻訳、あるいはドイツ語から様々な言語への翻訳ができれば仕事の幅が広がるといえます。さらに専門的な知識や資格を保有していると、その知識を必要とし、使用している企業からも依頼が来ることもあります。ドイツ語の翻訳家にはドイツ語の知識だけでなく様々な言語あるいは専門分野の知識が求められます。