フランス語の翻訳仕事のニーズとは

はじめに

フランス語の翻訳家として活躍されている方には、外国語大学や専門学校でフランス語を勉強してなったという方が数多くいます。翻訳家自体はとくに学歴や資格などが必要ないのでこのほかにもなり方はありますが、フランス語の翻訳家は出版社から文庫本などの翻訳を依頼されることが多いので、依頼する出版社によっては学歴を吟味されることもあります。しかし、フランス語の翻訳仕事の依頼は英語に比べると多くはないので、翻訳家の仕事だけで生計を立てているという人は少なく、通訳の仕事と兼ねているという人もいます。

 

フランス語の翻訳仕事のニーズ

フランス語の翻訳の仕事は他の言語同様、文庫本の翻訳が多数を占めています。しかし、フランス語の翻訳家は英語のようにニーズが多くないにもかかわらず多数いるので、この仕事に就ける人は一握りほどになります。しかしフランス語の翻訳家が求められる仕事はこれだけではありません。最近では翻訳経験のある人やフランス語に関する語学資格を持っている人には企業レポートの翻訳や、拘置所での翻訳など様々な場所でニーズがあります。またテレビ局などでの映像を翻訳するの仕事もあり、翻訳の仕事の中では人気な分野になります。基本的に翻訳家になるまでは資格は特に必よありませんが、このような企業などに就職する場合は実務経験や語学資格を加味されるところが数多くあります。雇用形態は様々で、数多くあるのは派遣社員の形態です。翻訳者が集まる事務所に所属し、拘置所や企業でレポートの翻訳など仕事を依頼されれば依頼主のもとへ出向き、そこで仕事をするということが一般的になっています。その他にもどこかの企業の正社員として雇われる場合もあれば、パートやアルバイトのような形態で、あるいは在宅ワーカーとして雇われる場合もあります。またどの形態で雇われるにしても翻訳家だけとして雇われることは少なく、一般的には通訳業と翻訳業を兼ねて雇われる場合が多いです。給料は雇われ方や派遣先などによって異なります。とくに在宅ワーカーとして雇われている場合は出来高で給料が決定するところがほとんどになります。

 

まとめ

フランス語の翻訳家として働く場合はある出版社と契約することだけでなく、様々な分野に目を向ければ多くのニーズが存在します。しかし、そのほとんどが翻訳家としての実務経験があることを条件にしていることが多くあります。またフランス語に関する語学資格を保有しているかということも条件としているところも存在します。フランス語の翻訳化自体になることに必ず必要な資格は存在しませんが、翻訳家になってからどこかの企業に就職する場合は様々な資格を保有しておくと採用されやすくなるかもしれません。